自動車の査定額を大きくするのに、、車を売却時期、タイミングというものも関係があります。自分から店頭まで車を使って査定をしてもらわなくてもインターネット上で車買取専門業者で買取査定の見積りにだせばたいした時間も必要とせず売値査定額の見積りすることができますが、あなたの愛車をちょっとでも高額で処分することを考慮すれば少なからず注意するべきポイントがあるんです。どういったものがあるかと言えば、第一に走行距離です。中古車にとっての走行距離は中古車に対する買取金額の査定をする上で重要な判断基準とされる項目です。どのくらいの走行距離で手放すのがよいかと考えると、車の査定に影響する基準は5万kmと言われていますから50000kmを超えてしまうより前に、査定を依頼して引き取ってもらうのが望ましいでしょう。メーターが20000kmと90000kmでは一般的に、査定対象車の売買価格は相違があります。それから、車検も重要です。もちろん、車検というのは現金が必要ですので車検時期までの時間が残っているほど査定は上がると思う人が多いかもしれませんがそれは誤りで実際には車検時期がいつであろうと中古車の売却額には全然関係がありません。こうしたことは実際、実行してみたらとてもよく実感するはずです。車検前は売り時としてもいいタイミングということになります。反対に売却額を高くするために車検の後に査定見積もりしてもらおうというのは車検代が勿体無く評価されないということです。その他に専門業者に車を売却するタイミングとしては2月と8月が狙い目と言われている時期です。なぜかと言いますと自動車買取店の期末が3月と9月のところがほとんどだからです。ですから例えば1月に売ろうと考えたとしたらもうちょっと待って2月に車の見積もりを専門業者にしてもらって引き取ってもらうのも手です。それぞれの都合もあるでしょうから、一概にそういった機会に売りに出すわけにもいかないかもしれませんが、できるだけそのような時期を狙ってみるとよいかもしれません。